やまらく不動産 有限会社

土地建物のお世話人|豊田市の不動産、土地、建物、店舗のことなら、
やまらく不動産にご相談下さい。

HOME

会社案内

物件情報

お問い合わせ

HOME»  土地活用の豆知識

土地活用の豆知識

成功する土地活用をしっかりサポートします!

 

トータルサポート

成功する土地活用に欠かせないもの、それは確かな信頼関係です。戸建住宅をつくるのと同じシステムで、豊富な経験と幅広いノウハウを備えた担当者が、最初から最後まで一貫してあなたの土地活用をお手伝いします。独自で培ってきた専門的なネットワークを駆使し、より効果的な土地活用を強力にサポートします。

 

トータルサポート

 

10の土地活用メニュー

土地活用を考えるうえで、ポイントとなるのが、市場ニーズやリスクの問題、利益性など。それらを総合的に判断し、その土地にもっともふさわしい組み合わせを考えていくことが大切です。「建てる」「貸す」「売る」をテーマに10の土地活用メニューをご用意しています。

 

10の土地活用メニュー

 

  メリット デメリット
アパート経営 投資額が低く、老後の安定収入や相続税対策に有効。 市場の競争が激しくなっており、空室のリスクがある。
マンション経営 節税対策に大きな力を発揮。土地を高度に活用できる。 長期活用のため、相続の分割や納税に不向きな場合も。
医療・福祉施設 需要が高まる傾向にあり、地域の社会貢献にもつながる。 高齢者への知識や介護の技術、運営のノウハウが必要。
商業・業務施設 土地の立地条件に合わせた最適な活用法が選べる。 景気の影響を受けやすく、途中解約の可能性もある。
定期借地 借り入れが不要で、節税効果が高く、保証金も入る。 10年以上の長期活用となり、他への転用ができない。
駐車場経営 投資資金が少なく、他事業への転用や売却がスムーズ。 固定資産税が居住用の土地に比べ6倍と高くなる。
等価交換 譲渡税が不要な場合もあり、無借金による経営も可能。 建物の減価償却ができず、所得税・住民税負担が高い。
共同分譲 資産価値の高い街づくりができ、開発利益を享受できる。 宅地化の際の費用を立て替える必要がある場合も。
土地売却 固定資産税等の税金や管理の手間から解放される。 多額の税金が発生し、大きな節税効果が期待できない。
何もしない 相続時の納税金額の原資として利用することが可能 農地の場合、相続に際し売却や物納ができないケースも。

 

私共のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
物件に関するお問い合わせ・ご意見・ご質問は、<お問い合わせ>より送信いただくか、右上の電話番号までお問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ

お問い合わせ